読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RusticLife LOG

アウトドアな結婚式「ラスティックウェディング」のTODOリストとその記録

結婚式の成約したので見積もり項目と費用について

01.アウトドアな結婚式会場を予約する

f:id:koumori23:20160222135327j:plain

 

このブログはまさとゆうきのアウトドアでの結婚式、ラスティックウェディングの記録ブログです。どうせ結婚式をやるなら楽しく!面白く!なんならブログにして公開してしまえ!ラスティックウェディングを広めよう!ということでブログを書き始めました。

結婚式は10月の予定で、今回やっとプロデュースしてくれるウェディング会社と成約したので、見積もりの項目の紹介とラスティックウェディングの金額で感じたことをまとめてみました。

 

 

RusticWedding ラスティックウェディングさんと契約

 

成約したウェディング会社は

RusticWedding ラスティックウェディングさん

www.rustic-wedding.net

ブログ名とほぼ同じ笑

アウトドアなウェディングをプロデュースしてくれる会社はまだまだ少なく、東京都内でも数社です。東京までお話を聞きにいったりもしましたが、長野市から近い軽井沢で活動しているRusticWeddingさんにお願いしました。

f:id:koumori23:20160219235632j:image

契約書を書くまさ。

完全な顔出しはいやなのでモザイク処理w

f:id:koumori23:20160219235641j:image

契約書を書くゆうき。

 

見積もり書 

f:id:koumori23:20160222121310j:plain

金額の公開は許可がでなかったため公開できませんが、項目の部分はOKがでたために見積もりを公開してみました。

 

野外での結婚式も費用は変わらなかった

屋外で結婚式をやるというと、値段が安くできると思われがちですが、普通のホテルでの結婚式とほとんど値段は変わりませんでした。もちろん、プロデュース会社や規模にもよると思いますが、コース料理、飾り付け、貸し切る会場の用意(私たちの場合はキャンプ場を会場準備、本番、片付けも含めて3日間貸切)を準備するとなると、普通の金額並みのお金がかかりました。

 

持ち込み料がかからない代わりに、会場費が割高に

アウトドアウェディングのプロデュース会社はホテルでの結婚式と違い挙式会場を自社で持ってはいません。そのため、まずはアウトドアウェディングのプロデュース会社が契約している、会場や広場、キャンプ場をピックアップするとこから始まります。

その会場のグレードによって値段の差がでてきます。普段から人気のキャンプ場を貸し切る場合は貸切料は高くなります。人があまり使わないような、屋外の土地は安くなります。

アウトドアの結婚式は持ち込みができる分、その費用はうかせることができますが、割高の会場費でその費用が相殺されてしまうようなイメージです。

 

アウトドアのウェディングを安くするには

今回の私たちのアウトドアの結婚式は普通の結婚式と同じくらいの金額見積もりになりましたが、安くすることもできます。

  • 料理はコースでなくビュッフェ形式に
  • 司会、映像撮影を友人にお願いする
  • テーブルや椅子を自分たちで用意
  • 会場までの交通はタクシーでなく乗り合いのバスで

などにすれば安くはなるかと思います。

そもそも、プロデュース会社をとおさずに、すべて自分たちや友人とオール手作りにすれば金額は安くなります。しかし、ラスティックウェディングのクオリティーが高いアウトドアな結婚式を希望する場合には、ノウハウもあるプロデュース会社と契約した方がいいでしょう。

 

これから大変

準備としてはこれからですが、契約したことで方向性がみえてきました。下の写真はまさではなく、RusticWeddingさんのコーディネーターのジンボさんです。とてもいい方で、この人柄で決めたと言っても過言ではありません。前は東京でファッションのプレスをやっていたそうで、めっちゃオシャレです。

ぜひみなさんも、屋外ので結婚式を希望される場合はRusticWeddingさんにお話を聞いてみてください。

Home | RUSTIC WEDDING

そして、今後のラスティックウェディングの準備もこのブログで公開していくので、ぜひブログを見に来てくださいね(日常的なことも書くとは思いますが笑)

f:id:koumori23:20160217005855j:plain

 

 

 

広告を非表示にする